« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月

2005/12/31

事故渋滞に巻き込まれたが

矢巾PA付近
img2005123100

ベストな構図ではないが,この色を伝えたかった。運良く晴れていて,時間が許せばいつまでもいたいと思った。

2005/12/30

情けない自分

自分の情けなさに直面し,何をどう自分を変えていかなければいけないかわからず,いろいろ内側に考え込む。もっと自信を持っていいんだよとアドバイスを頂く。ただ,その自信の持ち方が良くわからない。
回りから,結婚とか合コンとかの話題があがってきても,その場に溶けこんでいる自分の姿を想像できない。この前飲んでいたとき,全く関係ないテーブルに自分的好みの女性(めがね以下略)が居て,いいな〜と思いつつも,こんな情けない自分が女性と話している状況が想像できない。
いろいろ言いたいこと・書きたいことはあるが考えがまとまらない。一つ言えるのは,あまり酒の場に居たくないことか。調子悪いときに飲むと,ますます内側に込もってしまう。

それはさておき,久しぶりに冬の有明へ。一つは,柳原望さんの「とりかえ風花伝」の完結編が読みたかったので,そこへ。(個人的には「まるいち的風景」の続きが読みたかった)。もう一つは,いつも読んでいる4コマのサークルのところ。
ただ,自分の興味が少女趣味(?ほんとか,最近よくわからん)に向いているけど,ここ数年,なんとなく自分がそんな場に居てはいけないのじゃないかと…。

やはり自分はどこか変なんだろう。キモいところがあるのだろう。そこからどうすれば脱却できるのか…

それよりも明日は東北道,通行止めになってほしくないな。

2005/12/18

次回は2月だそうで

水曜どうでしょう「中米・コスタリカで幻の鳥を激写する!」をみながら。

ミスターの荷物が行ったと思われるカリファルニア州San Joseから帰ってくる。というか,そんなことありえるのか?。最終日の帰る間際に次は2月かという不気味な発言有り。あらかじめそのペースでSan Jose(正確にはMilpitasだが。まぁ,仙台と行って多賀城や塩釜,名取に行くようなものか。実際,ほぼ市の境界線上だし。)に行くんじゃないかと言われていたので覚悟をしていたが。どうみても2月のほにゃららには行けません。本当にありがとうございました(たぶん)。まだ1月末日といわれないだけよかったかも。いや,日程は常に未定だが。2週間+3日前であれば,十分な割引を受ける運賃で購入できるので,心には常に飛ぶ準備を。

8回目の太平洋横断,6回目のUA(ユナイテッド航空)搭乗で予約コードHにもかかわらず初めてEconomy Plusへ。快適。これだったら年間$299払って,優先的にEconomy Plusに乗れる権利(エコノミープラス・アクセス)を買ってもいいかもしれない(かならずしも乗れないが)。

とはいえ,今までの太平洋横断の中で最もヤラれた。時差ボケから回復できず,前日全く眠れていない状態でサンフランシスコ国際空港までレンタカーを運転し,チェックインの長い行列にはまり,セキュリティチェックを受け,飛行機の中では2回,飛行機が急降下する夢を見て。

ところでNRT-SFO路線に767か777型機,いや今の747-400型機でもいいのでシートテレビを貨物席Economyに導入してくれないかな。でもほとんど見ていないからいいか。

先日のローゼンメイデン・トロイメントの放送時間が若干ずれていて,後の方尻切れ状態。少なくともエンディングと予告がカットされていた。ぐはぅ。蒼星石…。

明日は,栃木に行って温泉につかる!

2005/12/13

愚痴だっていいたくもなる

秋田県内の気象状況(12日)

冷え込みも厳しく、最低気温は八幡平の氷点下10・8度をはじめ、鹿角同9・9度(途中省略)など、各地で氷点下となった。
そうですか,もう氷点下10℃近くまで気温が下るのですか。

父上,母上は元気でいるだろうか。遠く,洋を隔てていると郷愁の念が溢れだす。

まともに寝られないと,こんなにも弱ってしまうものか。時差ボケ中

2005/12/06

返信

夕日を背に受けて,私は旅に出ました。この喪失感を癒すために。

img2005120500
img2005120501
img2005120502

出張ですが…

フロントのチーム運営の方向が全く見えない中。無理だって,今の戦力じゃ。ユースはどうなっているの?

2005/12/03

探さないでください

暫く立ちなおれません。

来シーズンは,飛田給?(できるのか?)・横浜(三ツ沢)・湘南(平塚)・水戸(笠松・ひたちなか)・山形(天童)・草津(前橋)・柏か甲府のどちらか・仙台にできるだけ足を運ぼうかと。

2005/12/02

勝負服

ここを見て,迷わず日本一勝負服が似合う男第1回 ベスト・ジャージストへ。

当然,男性タレントは大泉洋。女性は全く思いつかなかったが,そういえば仲間由紀恵は,ごくせんで勝負服ジャージ着ていたよな,と思って投票。

ジャージに対するイメージは当然,「勝負服」。

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

J League Division 2 Matchday 49

  • Img_0102
    90分のユアスタ優勝劇場 フェアで力強い,このチームのサポーターである喜び。