« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月

2006/01/29

いとわろし

  • 日曜日夜18時に笠松で開催されるJ2リーグの試合(水戸ホーリーホック主催)
  • 日曜日夜19時に熊谷陸上競技場で開催されるJ2リーグの試合(ザスパ草津主催)
どうやって試合終了後帰れというんだい?駐車場があるならば車で行きたい。

青海は遠い。

新居昭乃 20th anniversary live series ~Cosmo lncognita~,行ってきた。

開場の前に,寄り道してTOYOTAのドライビングシミュレータで遊んできた。俺,何しに行っているんだ?アリオンに5MT仕様があればいいのに。

  • 20年なのか。7,8年前に初めて新居昭乃さんの楽曲に触れたけど,20年間の歌いたいこと,やりたいこと,伝えたいことが自分には感じられた。
  • こんなに高音部でもボリュームがあるのかと改めて感動した。
  • 衣装はかわいいかった。
  • 保刈さんはかっこよかった。

2006/01/28

6月7日の国立は黄金色で

2006年J League日程が決まった。その中,ベガルタ仙台の,6月7日(水)に行なわれる稲城東京ヴェルディ1969との対戦が国立競技場で開催されることになった。

国立ですよ。奥さん。国立。midweekの開催だが,6月7日は,黄金色で国立を染めてやる。

今日はきちんと米が炊けた。

スーパーで380円くらいの惣菜を買って夕食。

ゆびさきミルクティー 6 を昨日買って読んだ。

レモネードBOOKS 1(山名沢湖)も,昨日買った。

で,いつものようにとち狂って,秩父の山の中にある風呂へ。(両神温泉 薬師の湯)。カーナビで目的地を設定して,90km!。3時間コースじゃないか!途中,羽生でかなり萎えるが,気を取りなおして両神村まで。

ゆびさきミルクティーを読んだせいなのか,今までの悪行が頭に浮かんでくる。いや,過去のことは忘れて。恋愛物なんてもう読めなくなっているよ。もう自分は30台だし,今までどれだけキモいことしてきたのかを思いだしてしまい,いやになる。

帰り道,ふと空を見上げると冬の夜空に雄々しいオリオンの姿が。埼玉でも,山奥に行くと少しは違う。裏道に入り,車を停めて暫し観察。

2006/01/25

スポーツ名場面

スポーツ史上に残る名場面(ニャー速。)。これを見て,あのシーンが目に浮び泣けてきた。あなたのスポーツ名場面は何ですか。

どれが一番というわけにはいかないけど。しかし,偏っているな。

  • 1993年ドーハの悲劇,1997年ジョホールバルの歓喜。
  • 2004年アジアカップ,川口の神がかったセービング。
  • 1998年長野オリンピック,ジャンプ団体。原田,立ったー!
  • 1992年F1モナコGP,マンセルの開幕6連勝を阻止したセナの奇跡。
  • 2004年アテネオリンピック,体操男子団体。伸身の新月面が描く放物線は,栄光への架け橋だ。基本的に採点競技は大嫌いだが,このゲームはもの凄く楽しませてもらった。
  • 2002年FIFAワールドカップ,ワールドカップ初勝利をあげたロシア戦,決勝トーナメント進出を決めたチュニジア戦,Round-16で沈んだトルコ戦。
  • 1994年,F1サンマリノGP。
  • 1994年FIFAワールドカップ,アメリカ大会決勝。イタリア対ブラジル。ロベルト・バッジョがPKを外す。その後,優勝したブラジルがかかげた垂れ幕。たしかアイルトン,4回目の何とかを決めたよというような内容だったと思う。
  • ツールドフランス,2003年第19ステージ,個人TT。このとき最もランス・アームストロングを脅かしたヤン・ウルリッヒが,雨に濡れた路面に前輪をとられ落車した時。
  • 2004年のツールドフランス第13ステージ。第5ステージで12分の大差をつけて総合リーダーになった若干25歳のThomas Voecklerが,なんとかマイヨジョーヌを守ろうと山岳ステージで遅れながらも必死にもがいて,22秒差でマイヨジョーヌを守りぬいた時のゴールシーン。
  • もう一つ,ツールドフランス。ランス・アームストロングが総合5連覇,6連覇,7連覇を決めた2003年,2004年,2005年のパリ,シャンゼリゼでの表彰式。
  • 2001年,FIFAワールドカップ欧州予選。イングランドvsギリシア。additional timeでのデービッド・ベッカムのワールドカップ出場を決める同点弾(直接FK)。
  • 2001年,J2第44節(最終節),京都vs仙台。additional timeでの山田から財前へ渡ったJ1昇格を決めるゴール。

あと,名場面ではないが2002-2003年シーズン,リーガエスパニオーラのレアル(ソシエダ)には感動した。最終節はマドリーでなく,ソシエダの試合を見ていたよ。

まだまだ思い出していない名場面はきっとあるし,これからも新たに積み重ねられるだろう。トリノオリンピックもまた名場面の記憶を増やしていただけるだろう。

その場面に,2006年ベガルタ仙台J2優勝,J1再昇格が加わることを夢みて。

2006/01/24

贅沢な時間

満員電車の中にいると当然,なんでこんな所にいるのだろうとやけに寂しく感じることがありませんか?

覆面作家企画D-8 ダイアローグ45minが気になった。読後,日本科学未来館にあるプラネタリウムMEGASTAR-IIへの取材記事を思い出したので,行ってみたいと思う。次の日曜日有明に行くので,朝早く出発して寄ってみようか。
天体観測には冬がいいという定説がある。しかし,小さい頃,秋田,青森と住んでいた自分には晴れた冬の夜空の記憶は全くない。日本海側の冬は晴れることは稀である。一方,東京の夜空には星がない。一度,夜空を見に山の方へ車を走らせてみようか。

忙しい日常の中,時間を忘れて自然を感じる時間をみつける。なんて,最高の贅沢だろう。

新宿三井ビルのEPSONのイメージングギャラリー,epSITEで2月4日まで松本紀生写真展,アラスカ原野行が開催されている。身近でちょっとした贅沢を味わうにはいい機会だと思っている。

グリーン定期か。やはり。比較的安い家賃なので,生活費の見直しを行えばグリーン定期買えるだけの余裕があるのではないかと。ただ3万も余計に払うんだったら,投機貯金したい。

2006/01/23

1991年

1991年の映像ニュースを見る機会があった。

海部首相(当時)の政治改革法案に対する,「こんな話が通るのか」と声を張りあげて抵抗する,小泉純一郎の抗議,湾岸戦争,ソビエト連邦クーデター,雲仙普賢岳の火砕流,野村証券と暴力団のゴルフ会員権を通した関係証券会社による損失補填金融機関の不正融資などなど改めて,激動の時代であった。

2006/01/22

ぬは!ぬは!ぬはは

注意。いつものことだが駄文。まったく適当にアルコールが入った状態で書きなぐっている。

なぜ今の自分は家族を信じられることができるのだろうと疑問に思った。いや,何故疑問に思う必要があるのだろうか。一度,親が子を想う気持ちに触れると,今度は,自分が返す番だと思う。また一方,次世代に渡したいと思う反面,そんなことはできないだろうなと寂しく思う。

1999-2000シーズンのFISワールドカップジャンプを見ている。しかし,日本のジャンプ陣の面々に変化がないのは…。

覆面作家企画,斜め読み。そもそも誰が参加しているかがわからないので,予想という企画には参加できないが,手頃なので斜め読みしている。ショートなので楽。自分のツボにハマったのを見つけるのもいとうれし。

ただ,私の問題で,携帯やPDAで文章を読むことができない。自分はバカでちょっとおかしいところがあるので,短期間の記憶があまり得意でない。(実は暗算が大の苦手だ。) 携帯やPDAの一画面の情報量は決して多くはなく,紙のように履歴を追うのは大変なので,どうも使う気にはならない。QVGAな解像度ではとても満足できない。自分はハード面全くわからないので,もどかしい。

ところで「わたしはだあれ?」となると水曜どうでしょうの「アメリカ横断の旅」の前枠・後枠のシリーズがすぐに思いだされてしまう。

アンテナの設置があまり上手くできていなくて,方位角仰角がずれてしまうのですぐにスカパーが見られなくなってしまう。1人ではスカパーのアンテナの調整は難しいし,BS放送もそろそろ見たいのでそろそろLune-Qを買おうか。Lune-Qも1人では調整できないが。 もう少し,Football見る時間を作らないとなぁと思いつつも,水曜どうでしょうを見てしまう。僕が爆笑できる数少ない番組だからな。ついに待ちに待った対決列島を見ることができる。その後は,これまた大好きなユーコン川だ。

今度帰省したら対決列島の舞台となった「あんとらあ」を見物してこようと。うは!うは!うはは。

2006/01/21

ネガティブ思考と言われても否定はできない

最近,朝早く出勤しようとしているが赤羽から新宿方向への埼京線は07:30発以降になると混雑が激しくなるので,おとなしく乗り替えのいらない湘南新宿ライン直通の電車に乗るようにしている。
最寄り駅からはグリーン車でもない限り絶対に座れないので(グリーン車でも7時前半台は無理)かなり欝になるが,この2週間,車両故障や信号機トラブルで影響が出る前に新宿に辿り着けるので,それなりに得をしているかも知れない。

そんな中,老いた母,無職・独身の息子の家庭の中で起きた悲惨な事件をテレビのニュースを見た。泣けるくらい悲しくなる。そして,All Aboutで見たもっと悲しい記事 こんな男と結婚してはいけない!(All About)。
その中で挙げられている項目の中で自分にあてはまるもの。

  • ホラふき男
  • 転職男
  • 偏食男
  • セックスしない男(いや,できないが正しいか)
  • マイナス思考男
さらに追い打ち。自己チュー・オタク・ガンコじゃダメ?! あなたは結婚に向いているか?(All About)。項目挙げる気がしない。笑いとばしていいですか?

正直,相手があらわれないならば,結婚なんてどうでもよくて,両親にまだまだ甘えていたい,親離れができない強い困ったちゃんである。

2006/01/19

こんな夢を見た

こんな夢をみた。

パトカーに呼びとめられる。舞台は高速道路上だ。時速100kmで走行しているので違反と言われる。
なんで,規制もかかっていないのに時速100kmで走って何が問題あるのかと刃向かう。
それならばと,そのまま基地まで連行され,検挙の時刻とその時の規制状況を適合することとなる。
丁度検挙時の直後に規制が解除されたという。
残念だが,刃向かった為反則のペナルティは倍となり,免停120日,並びに検察送りにする…

というところで目が覚めた。

あまりにもありえないストーリー。自暴自棄で,何もかも悪い方向に考えてしまっていたのが夢に出たのだろう。さすがにこんな調子じゃ体がもたない。ある意味吹っ切るしかない。

そんな中唯一の救いは,月曜日にとりあえず利益確定ということで,十分な手持ちの投資信託を売却していたこと。なんで,この絶妙なタイミングに売ろうと決断できたのだろか。恐すぎる。

2006/01/18

no necessary to take a glance

何も作りだせない自分。

人と上手く話をあわせられない自分。

他人どころか自分も信じられない自分。

こんな,人間として,どうしようもなく,狂っていやがる自分はどうしろと。

こんな愚痴を書きなぐる場所があるだけでも幸いなのか。それとも救いようがない駄目な奴なのだろうか。

なんかもう疲れてきた。

2006/01/16

閣下

「デーモン小暮閣下」ですよ。NHKの大相撲放送。土曜日の中継の時から,明日のゲストは「デーモン小暮閣下」ですとアナウンスがあったので,ちらちらと眺め見。いや,いいですね。是非ともまたゲストに呼んでください。

2006/01/14

感謝

1月29日の新居昭乃さんのライブチケットを入手できた。新居昭乃さんのライブは九段会館で行われたライブ「降るプラチナ」以来(何年前だ?)。あんときは,18きっぷ使ってとぼとぼとと行ったな。九段会館で先輩と待ち合わせをして。その中でも,Rêveは楽しかった。久しぶりなので,楽しみなのだが本当に行けるのだろうか?

2006/01/13

no title

ある金融関連会社が配布しているニュース冊子に,ものすごく呆れたコラムを発見した。その箇所を引用する。

たとえば,日本の出生率。(中略),韓国の出生率は1.16%ですし,中国は一人っ子政策の影響で限りなく1%に近い。一方,日本の出生率は1.28%。

いくら率とはいえ,出生率の単位は%か!

いくら,講演の内容を書き起こしたのもとはいえ,かなりありえない間違いだと思うが。

2006/01/10

雑感

電車の中でふと思った。
言い方はよくないが,女性はどんな方だって,大変手間をかけて化粧をしたり,外見を整えている。
それに比べて,俺なんて全然コストをかけていない。これじゃ,手間暇かけている女性からは,何こいつと嫌がらせ受けても仕方がないのでは。

別に「○○はおれのヨメ」という気はない

ここどこですか?

ひょっ,氷点下18度1分ですか(秋田魁新報)。今日の午後6時の新宿西口の街頭温度計は6度だったのに。

2006/01/09

雑談

30ヶ月点検のため,ディーラーに寄る。なんで仙台でわざわざ点検受けるのか自分でもよくわからん。別に埼玉のネッツ店に移すことはできるのだが。埼玉-秋田の移動中の時期に,ちょうど点検の時期になるからな。

トリップメータが35,000km突破した。1ヶ月1000kmを超えているよ。昨年から通勤に車を使っていないのでそんなに走行距離は増えないと思っていたが,埼玉-秋田間を1往復すると1,400kmは走るからな。昨年7ヶ月だけでも5往復はしたからそれで7,000kmか。ひとり車の中だとさびしい。こんなやられ旅につきあって助手席に乗ってくれる人募集。

一人だったら普通に新幹線か飛行機,現地でレンタカーの方が肉体的に楽なのに何好きこのんで車で往復するのか。精神的に楽なんだよな。すべて車の行程の方が。途中,一人の寂しさに耐えるのを除けば。

某病院,妹が勤務している介護施設の協力病院だそうだ。いやあの事件でヘリコプタの音がうるさいそうだ。仙台東警察署の敷地内にテレビ局の移動中継車が堂々と駐車していたし。全国的なワイドショー的事件は迷惑だな。

2006/01/07

サインツ先生の引退ネタはとっくの昔(2004年!)に発表されていました。すいません。全然追っていなくて。 (スポーツ報知の記事)。 本当にありがとうございました。 カルロス・サインツ(ja.wikipedia.org)

雪かき。まぁ,積雪が3m超えているところほどひどくはないが,除雪した雪の置き場がない。

img2006010700

今日午前9時ごろから午後3時ごろまでの作業で,川に持っていって雪をなげること軽トラック15台分。平日は仕事,休日は雪かきといった生活が続くんだったらいつ休むんだい。

明日から移動。まずは仙台へ。

2006/01/06

お前もか

マクレー先生だけでなく,サインツ先生もパリ・ダカールラリー出場ですか。驚きです。

ところで,今年のサインツ先生はWRCのワークスシートを確保しているのでしょうか?最近,WRCの動向に疎くて。

2006/01/05

イチロー鈴木

http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20060105i305.htm

古畑任三郎ファイナルの第二夜,イチロー選手が犯人役として出演した回,視聴率が良かったらしい。

素人目だが,この回は叙述推理としてはフェアプレーで進行していて,かなりいいと思う。どこで疑いをかけたかを明らかにするところが,かなりいい。矛盾点の指摘のところは絶妙だ。

この回の放送のために,イチロー選手をどのくらい拘束したのか気になるところだ。

多少,自分の欲望に素直に従おうかと。

いや,秋田魁新報の元日の特集号に,仙台のメイド喫茶の話題があったのを思いだしたので。

神戸屋は,バストコンシャスなブラウスだけでなく,青色のスカートがイイ。エキュート大宮(大宮駅改札内)にあるStazzoの緑色もいい。しかし,高い。

馬車道もいい。パスタ,シーザーサラダが食べたくなれば,アパートの近くにある馬車道に行ってしまう。しかし,袴姿の給仕はいつも喫煙席側にいるので,たまに何のために馬車道に行っているのかわからなくなる。まぁ,おいしいからいいが。

メイドさんもイイ。でも,最初にでてくるのはMrs. Hudsonなのは,にわかシャーロキアンな自分の所為か。ファミレスの制服とは違って,一般でもメイド服は入手できるのは嬉しい。しかし,最近のメイドさん産業は風俗でしかありえないのはいと悲し。

しかし,自分にはメイドさんの服を着てくれるような女性の知り合いなんていませんから。ちくしょー。

その内,何割が封を切られずに放置されるのであろうか。

12月26日,自信喪失のまま,オフィス街のコンビニに立ち入った。

すると,ある一角の棚がまるごと商品が無いのに気付いた。

その棚,普段何が入っていたかと考えてみた。

どう考えてもコンドームです。

本当にありがとうございました。

もっとセクロスするぅ~斬り!

(ToHeart2 Xrated買ったのはいいが,まだインストールもしていない俺には関係のない)

2006/01/04

箱根の山は天下の険

TVの前に6時間以上座っているのはつらいが,2日,3日は箱根駅伝を。その中で,サッポロの北海道生搾りのCM,いいですね。飲み食いできるCMっていいですよね。2005年11月にNHK-FMで中島みゆきをゲストに迎えた番組で,中島みゆきの魅力に取りつかれた今日この頃。

ところで,古畑任三郎のラストスペシャル第一夜はどうよ。何か,あまり騙された気がしないのが,ちょっと残念。黒幕の登場がなんか唐突のような一方,事件の展開から当然の帰結のような感じがする。アイデアはいいと思うんだけど,何か物足りない。

no title

考えこんではいけないとはいえ,漠然とした不安から逃げられず。その不安は誰もが持っているものとはいえ,その受け止め方は人それぞれ。結局は自分の弱さに辿りつく。自分の全ての行動が,本当にその行動をとっていいのか,他人にはどう思われるのか,もっと力を注がなければいけないのではないのか,と思う一方,なんで他人のために自分を犠牲にしなければいけないのか,と反発する気持ちがある。割りきらなければ,やっていけないと思う一方,その考えが全てを失うのではないかと思うところもある。人生,他にも選択肢はあるはずだと諭される一方,一度の失敗が全てを失う,常に綱渡りの生活なのではないかと思うところもある。

考えることが両極端だということなのだろう。まるでやじろべえのようだ。バランスを崩せば倒れるだけ。しかしこんな事でも,書くことによって,外に出すことによって,中庸さが戻ってくるような感じがする。まだ,こんな事を面と向かって相談できる相手もいない。いや,喋られない。まだ書く段階において,何が言いたいのかが益々わからなくなってきたのだ。

しかし,全力を出す気にはまだなれない。いや,全力を出したときは既にバランスを崩した状態で危険じゃないかと思うのだが,そんな考え方をすることが許されないのではないかという不安が。全く,中学のときの馬鹿野郎,糞教諭の影響がまだ残っているのか。それともなだ逃げ道を探っているのか。

2006/01/02

ごめん

なかきよの
とおのねむりの みなめざめ
それにつけても かねのほしさよ
なみのりふねの おとのよきかな

仕込み終了。

母方の実家に猫が住みついていた。今日,その猫と戯れていたが,早速その猫を踏んづけてしまった。ごめんよ。

2006/01/01

あまり「今年の目標」というのを定めたくはないのだが

裏切ったり,裏切られたり,亡くなったり,失くしたり,泣いたりした2005年。
関東の冬はとてもきつい。特に乾いた風は,肌だけでなく心の中も渇かしてくれやがるですぅ。冬は雪が多くても,東北日本海側の方がいい。

天皇杯は,今晩のNHK BS1のリピート放送で補おうとしていたが,ついうっかりと結果をWeb上で見てしまい…。しかし,リーグ戦終了から1ヶ月近いよな,天皇杯の決勝は。

もう何年前の話であっただろうか?2001年,ベガルタ仙台がDivision 2からDivision 1へ昇格したときの喜び。この時の感動をもう一度再び味わいたい。

ここ最近,自分から参加することが嫌になっている。今年は少し,新しいことをやってみたい。

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

J League Division 2 Matchday 49

  • Img_0102
    90分のユアスタ優勝劇場 フェアで力強い,このチームのサポーターである喜び。