« ごめん | トップページ | 箱根の山は天下の険 »

2006/01/04

no title

考えこんではいけないとはいえ,漠然とした不安から逃げられず。その不安は誰もが持っているものとはいえ,その受け止め方は人それぞれ。結局は自分の弱さに辿りつく。自分の全ての行動が,本当にその行動をとっていいのか,他人にはどう思われるのか,もっと力を注がなければいけないのではないのか,と思う一方,なんで他人のために自分を犠牲にしなければいけないのか,と反発する気持ちがある。割りきらなければ,やっていけないと思う一方,その考えが全てを失うのではないかと思うところもある。人生,他にも選択肢はあるはずだと諭される一方,一度の失敗が全てを失う,常に綱渡りの生活なのではないかと思うところもある。

考えることが両極端だということなのだろう。まるでやじろべえのようだ。バランスを崩せば倒れるだけ。しかしこんな事でも,書くことによって,外に出すことによって,中庸さが戻ってくるような感じがする。まだ,こんな事を面と向かって相談できる相手もいない。いや,喋られない。まだ書く段階において,何が言いたいのかが益々わからなくなってきたのだ。

しかし,全力を出す気にはまだなれない。いや,全力を出したときは既にバランスを崩した状態で危険じゃないかと思うのだが,そんな考え方をすることが許されないのではないかという不安が。全く,中学のときの馬鹿野郎,糞教諭の影響がまだ残っているのか。それともなだ逃げ道を探っているのか。

« ごめん | トップページ | 箱根の山は天下の険 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: no title:

« ごめん | トップページ | 箱根の山は天下の険 »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

J League Division 2 Matchday 49

  • Img_0102
    90分のユアスタ優勝劇場 フェアで力強い,このチームのサポーターである喜び。