« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月

2006/02/28

買っちまったよ,薔薇リン

各所で評判の 「ローゼンメイデン・トロイメント」ドラマCD

くんくんとラプラスの8○1な展開に度肝を抜かれるのも,委員長,女王様,若奥様の(薔薇水晶)薔薇リンにハマるのも,くんくんに転がる水銀燈にハマるのも,まぁほどほどに。みゃー,にゃー。

2006/02/27

ポリシーに反して

自分のポリシーに反してついにCCCDを買ってしまった。
The Very Best of MOTO(e)R MAN

鉄音アワーでも問題作として紹介されたMOTOR MAN N∀GOYA 空港特急ミュースカイにハマる。みゃー,ひゃー。ありがとねぇー。だがね。と名古屋を敵にしているように思えてりるのだが。基となるフレーズも耳に残るし,かなり楽しいっす。

あずさ2号のパロディ,かいじ101号もイイ。最初,「ささごでーとりたいきぶん」というの歌詞を耳にしたとき,なにをとりたいのだろうと思って考えてみた。きぶんは「気分」。ささごは,中央東線だから笹子峠のことだろうな。じゃ,何をとるんだ?力餅を取るとはいわないし…。あ,撮るだ。撮り鉄のことか。

かいじ101号のシングルカットには,あずさ2号のカバーを収録しているので,それも欲しい。

2006/02/26

ひとりはやはり寂しいことがある

湯浅の7位(2本目3位),皆川の4位という結果は今までの実績から考えれば(W杯自己タイの順位ということで)嬉しい反面,やはりメダルまで0.03秒ということで見ている側でも非常にくやしい。3月の志賀高原のW杯,頑張ってくれ!

金メダルのライヒが1本目,2本目ともラップを取ったというのは,上位30名のリバースオーダとなる2本目の出走順を考えればとてつもない成績だ。2本目2位のZurbriggenは2本目最初の出走だから。

さて,ふと,1人だと寂しいなと思うことがある。結局人は1人の中で生活するのが難しいのか。

仕事だけでなく,日々の生活でも,高い天井の蛍光灯の取りかえ,スカパーのアンテナ調節などなど,1人ではやることが難しいことはいろいろある。

いや,スカパーのアンテナの位置がずれてしまって,何とか調整しようとしたけど,結局できなかった。Champions League,J-League,…。

結婚して,スカパー,BSデジタルの共聴アンテナがあるマンションに引っ越したいですぅ。(別に結婚なんかする必要がないし,前提が間違っている。)

王子の北とぴあでのComitiaの読書会に足を運んだ。やはり,その中で自分の感性にヒットする作品を見つけられると嬉しい。最近,こういった趣味(同人作品に手を出して,面白い作品に出会う)を持っているという自分を,どこかはずかしい(これは作り手側に非常に失礼な考えだと思う)と思っていたのだけど,別にはずかしくないもので,自分にはこういった趣味を自信もって言えるようになりたい。

まだ1本目

やっと待ちにまっていた男子回転が。

1本目,佐々木明,1.00秒遅れの8位,皆川健太郎が0.07秒遅れの3位。特に皆川の中間計時でのトップとの差がマイナスと表示されたときにはキターと叫んでしまった。

2本目は日本時間26日02:00(現地時間25日18:00)スタート予定なので,録画準備。

2006/02/23

新宿から

新宿から盛岡方面への新幹線に乗るんだったら,何だかんだいって大宮で乗った方が速いようだ。

新宿で買おうと思ったが,アマゾンの場合は予約注文した方が安いので購入。
ハチミツとクローバー 7

2006/02/22

ジュニーニョ

精神的に疲れている中,UEFA Champions League 1st knockout round 1st legのダイジェストを見る。オリンピックリヨンのジュニーニョのフリーキックに震える。前にもリヨンのジュニーニョに震えたと書いた気がする。とりあえずPSV vs リヨンのリピート放送は録画しよう。

こんなダイジェストを見ると,Jもはやく開幕しないかと。一緒にスタジアムに行く相手募集(仙スタじゃなくてユアテックスタジアム,天童,関東地方のセグンダ仙台のアウェイゲーム)。

しかし,本当に疲れた。

2006/02/21

八重洲口でのある日々

金曜日,げはげはと八重洲口で飲む。新興市場は○○だ,とか,来年の東京マラソンに市民ランナーとして参加しようぜとか,もうパパさんですか~とか。

日曜日,うはうはと八重洲口で飲む。2時間も並んだけど買えないとか,何でこの時期に東京に集るのと親に問いつめられたとか,俺は酒はあまり飲めないんだーといいながら大ジョッキを注文して激しく後悔したりとか。

おもしろいものは素直におもしろいよ,と

「抱かれたか」に異常な反応を示す今日この頃。

日曜日,某所には終了1時間前にしか行けなかった。まあ,仕方がない。

とらのあなで,作者からのペーパーを配布しているということで, 少女生理学第2章(新井葉月),2冊目購入。

えらくワクワクできる同人誌に出会えた。まだ最後まで読んでいないけど,最後まで読むのが非常に惜しいので,途中で最初っから読みなおして登場人物,バックグラウンドを頭の中にたたきこんでいる。小説だが。

いつも読んでいる,4コマの同人誌。翻訳エラーのところに笑いのスイッチが入る。電車の中で。

2006/02/16

no title

今朝は,大宮到着まで2時間弱(普段は25分)。ここから更に新宿へ向かわなければならないかと思うと…

2006/02/14

俺はいやだ

個人的には対決列島第4夜は,くどすぎて中だるみな感じがした。それよりもまだ山形か?

今まで対決列島を見てきたのだけど,その中で第2夜で青森料金所通過後,大泉先生が「これから鹿児島に向かうんですよ」というシーン。4,5回見てジワッっと面白さが込み上げてきたんだよ。あんた,青森料金所で「鹿児島に向かうんですよ」って言えるか。

ハイウェイナビゲータで青森ICから鹿児島ICまでの距離と高速料金を調べてみた。距離2056.6km,料金39,000円,通常時所要時間25時間42分。こんな情報を知っていたら,とてもそんなこと俺には言えねぇ~。

こんな漫画を読んだ

少女生理学 第2章(新井 葉月)を通勤電車の中で読んだ。

その中の,まるごとフルーツの風邪をひいた彼氏にピーチ・ブラックなキャミール,紐パンツ姿で看病する彼女の絵に目を奪われながら(そんなのを通勤電車の中で読むのは間違っているが),幸せそうだなと思う反面,読んでいて辛く感じる。これは女性の観点から描いたのだろうな,自分には縁のない世界だなと(そんな世界があると考えるだけでもおかしい)。

読みながらふと顔を上げた時に,ガラスの暗闇の中に映る自分の醜い姿を見ると,何ともいえない。常にナーバスで,息苦しい。いくら強く呼吸をしても十分だと感じることがない。こんなどこか狂っている自分なんて好きになんかなれない。読んでいて,何でこんな苦しい思いをしなければいけないかと。

ついでに,前巻も。少女生理学 (新井 葉月)

2006/02/11

寒い

忙しいというわけではないのだが,何となく疲れている。というか寒い。泣いていいですか。

Torino Olympicsが開催したので早速ノルディック複合から(INDIVIDUAL GUNDERSEN NORMAL HILL)。

Gundersenって,何の意味なのかなと思ってググったが,よくわからん。対称的にMass startという言葉があったので,スタート方式のことを指すのだろうか?

上司から知ったのだが,FIS NORDIC WORLD SKI Championships の2007年の開催地が札幌だそうだ。(http://www.sapporo2007.com/

ところで,どうしてもフィギュアスケート,スノーボードハーフパイプ,スキーモーグルの面白さがわからない。かっこいい技を見てすげぇ~というのはわかるが,順位の付け方はどうもわからん。一応,ジャンプも採点競技だが飛距離の方が得点に及ぼす影響が大きいのでまだわかる。

2006/02/05

冬道

こんな夢をみた。

あんたみたいなうじうじした奴はいやなのよ。もう関わらないでくれる!
ツンデレのデレがない状況だった。なんちゅう夢を見たんだろう。

上とは関係あるかどうかわからない、いやいったい何をしたかったんだろう。車を走らせていた。

中禅寺湖
img2006020500

いろは坂の下り途中
img2006020501

いろは坂は怖かった…。もういい。

2006/02/04

うぐぅ

暦の上では春とはいうが,寒い。

覆面作家企画の結果発表を見た。

いや,そもそも参加なされている作家様をほとんど知らないので,作家予想ではなく,単に自分の琴線に触れた作品の感想を書いただけだが。(贅沢な時間(1月24日)

それ(星)に関連して,俺ヘッドラインさんのところで知った今日の星空(+携帯)。
あー,山の方へドライブしたくなってきた。これから行きたいが,既に眠い。ちょっと無理だ。

三連荘

対決列島 the battle of sweets 第三夜。東北自動車道,鹿角市の道の駅「あんとらあ」と懐しい場所を舞台にして対決が進んでいく。いや~,車窓だけの画をみると後半のどうでしょうだなと。この後,三回目の四国八十八箇所でも同じような画だもんな。

それはさておき,2月1日に,こんなこと書いた。

しかしここ最近うまい具合にJRのトラブルを回避できているな。怖いくらいだ。
…。2日連続トラブル引いた。

2月2日,湘南新宿ライン1770E。王子-赤羽間で小動物と衝突事故。→ 当該電車に乗車。13分間,現場で停止。運悪く,満員状態(よりももっと性質が悪い,寿司詰め状態)で放置される。駅で停車しなかったので外に逃げられない。

2月3日,午前6時20分ごろ,東北線 東大宮-蓮田間で人身事故。→ 湘南新宿ライン1100Yに乗車中。蓮田で50分間足止め。こんな時間に人身事故があったら逃げられない。乗車していた電車は池袋止まりに変更される。大宮止まりでないだけまだましであった。

(更にその後午前9時ごろ,湘南新宿ライン横須賀線,西大井で車両故障。この時は既にJRから脱出していたので回避。)

2006/02/01

地震

アパートの前に着いて,郵便箱の中を見ようとしたら全体が揺れた。

真っ先に,こりゃJRは乱れるな,と思ったのは人としてどうかと。実際,横浜駅を通る路線は運転を見合わせているので,普段使う湘南新宿ラインも駄目になっただろう。

しかしここ最近うまい具合にJRのトラブルを回避できているな。怖いくらいだ。

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

J League Division 2 Matchday 49

  • Img_0102
    90分のユアスタ優勝劇場 フェアで力強い,このチームのサポーターである喜び。