« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月

2006/03/23

帰省

休みを1日とって帰省。もう1年か。

仙台通過。新幹線の中でPC開いていると頭痛がする。
img2006032300

盛岡停車。大宮から盛岡まで,はやてで2時間は近いのか,遠いのかやっぱりわからない。
img2006032301
img2006032302

盛岡で待ち時間30分。更に鹿角花輪まで1時間半。遠い。

2006/03/21

茅ヶ崎にて

鉄なので,茅ヶ崎から橋本まで相模線乗り鉄。

橋本から八王子へ出て,王ジャパン世界一おめでとう乾杯,鉄な話をして,帰路へ。来たのが中央特快だったので,そのまま新宿まで出て3月18日のダイヤ改正で15両編成になった19:57新宿発,湘南新宿ライン宇都宮線直通小金井行きに乗り帰宅。
img2006032101 img2006032102 img2006032104

何しに出かけたのかという突っ込みはなし。
img2006032105 img2006032106 img2006032107
本シーズンのJ1昇格レースから脱落いたしました。来シーズンの昇格レースに期待します。全く昨シーズンと同じ展開を用意してくださいやがいましたフロントは,本当にありがとうございました,とっとと(ピー)。前3枚だけでJ2を戦えると思っていたバカは(ピー)。

昨日のバカ

むしゃくしゃしてやった。
萌えられたら何でもよかった。
今はどうでもいい。

img2006032100

  • ローゼンメイデン 4,5,6
  • 2006 J. LEAGUE DIVISION 2 湘南ベルマーレ vs ベガルタ仙台 自由席大人

これから平塚へ。

2006/03/17

今,新宿

東北線(宇都宮線)をはじめとする関東のJR各線,強風による運行停止祭り開催中。朝は,のんびりと新宿へ行ったけど,これから帰れるか?

2006/03/15

求む

「ご飯?,お風呂?,それとも…」といってくれる方。は,冗談として(今,そんなこと言ったら時代錯誤だと叩かれるな。しかし,誰もいないアパートに夜遅く帰るのは寂しくなった。)

欲しい機材USBポートを備えた,Windows 98,Windows Me,Windows2000,もしくはXP(SP2以前)が走っているPC
目的HyperHyde Exrouge,MDM-H205のファームウェア更新
理由まさか,ファームウェア更新プログラムがXP(SP2)上で動かないとは…

どこか,Windows 2000が利用でき,ファームウェアアップデートできるPCを利用できる場所はないかな?

2006/03/14

NRT-SFOフライト予約完了

マイルの貯めやすさから考えれば,ユナイテッド航空で行くのが得なのだが,そろそろ日本人の客室乗務員のフライトに乗りたいなと馬鹿なこと考えて,旅行代理店の方にユナイテッド航空とANAのPEX航空券の値段を調べてもらった。

今までの経験から考えると,だいたいはユナイテッド航空の方が安いよといわれるので,今回もユナイテッドかなと思っていたら,今回は渡航28日以前に予約ができるためなのか,ANAの方が安かった。1000円,2000円程度だったらマイルのこと考えて,ユナイテッドを選ぶのだが,10,000円近くの差になると,高い方を選ぶ理由がない。

思いがけず4月のフライトはANAになったが,やはりマイレージはちょっとおしい…。かといって,客室乗務員の方々と仲良くなれるなんてありえないし。やっぱ寂しいな。

no title

何だか,明るい未来が見えてこない。いや,自分の事はまだいいよ。今の自分に割りあてられている仕事に関しては。

毎日新聞の特集,「縦並び社会」を見ていると,本当に生きていけるのか,と耐えがたい不安に襲われる。いらないと判断されたら,さらにもう一歩前進できるだろうか。いや,できなければ死ぬしかないのでは。

2006/03/12

no title

いくらじっとしていると気がめいるとはいえ,日曜日の昼から山梨に行くのは馬鹿である。

山梨市のほったらかし温泉。
img2006031200
やはり,ここは夜行くべきだよ。夜景がすばらしい。麓から見ても綺麗だと思う。

帰り中央道を使ったが,勝沼ICでは,夜空がまっくらだったのに対し,八王子に近づくにつれ,なんとなく白っぽい夜空だった。雲が出ていたとはいえ,やはり,東京の夜空は明すぎるのだろうか?

2006/03/11

ひきこもり

SkyPerfecTVのチューナをONにして,J2やWRCを見ているひきこもり。ただ,以前の楽しかった時期にようやく戻ってきたような感じがする。ノリヲが徳島ヴォルティスのGKを務めているのをみると懐かしく思える。


某所のレビューにも書いたが,

キーとなる登場人物がいったい誰なのかが,なかなかはっきりしない。 最後に,登場人物の関係が線で結べたとき,何ともいえないスッキリ感 が味わえた。これは,友桐夏さんのデビュー作でも感じられたことなの で,登場人物の関係を上手く煙にまくことができるのが,友桐夏さんの 作品の特徴なのであろう。ただ,このような書き方は「ミステリー」と いっていいのか,疑問はあるが。多少ずるい感じはある。
内容は,思春期の乙女が,精神的に極限まで追いつめられたときのこわ さを上手く描写していると思う。正直,読んでいる最中,あまりものの こわさに一度,読むのを止めようと思ったくらいだ。最後に,登場人物 の関係が整理された時の清涼感は忘れられない。今となれば,読んでよ かったと思える作品で,もう一度読み直してみたい。
二回目に読んでみて,ここでミスリードされたなと感じる箇所がある一方,納得いかない箇所があるのだが,それを具体的に書くとモロにネタバレなので,反転させておく。
彩と赤音が別人称で書かれている箇所があるが,その場面に居合わせた人がどのようにその場面を見ていたのかが疑問。

途中こわくて読むのを止めた時に,手に取った作品の方がもっと救われない結末を用意されていた,というオチがついていた。

2006/03/07

「春待ちの姫君たち」 読書中

最近,帰りの湘南新宿ライン,新宿から土呂の区間でよく体が飛ばされる。あまりにも揺れが激しく電車酔いしそうなので,PHSでサイトを巡回したり,本を読んだりすることが辛い。

リリカル・ミステリーというアオリに惹かれ,「春待ちの姫君たち」友桐 夏 (著) を読んでいる。

まだ最後まで読み終えていないが,正直こわい。乙女の園の中の,背筋が凍る人間関係。どんな復讐劇を用意しているかと思うと,先を読んでいくのがこわくなる。救われない結末を用意しているのだろうか。

あまりにもこわいので,適当なところで切り上げ,別な物に目を移した。

2006/03/06

世の常

予定をたてようとすると,出張の依頼が入るのは世の常。向こうのマネージャから4月15日近辺から2週間程度と,具体的な日程が提案されているので,5回目の太平洋横断決定か?

17日出国,30日帰国が有力案か?

2006/03/05

観戦計画

3月21日の平塚に行くぞと高校時代の時の友人に話をつけた。そろそろ仙台スタジアムじゃなくて,ユアテックスタジアムにも足を運びたいので,適当に理由をつけて行きたい。昨年は一度も行っていなかった。

4月の仙台awayゲーム。4月1日の神戸(神戸)はさすがに無理。だが,8日の草津(群馬陸上)は行けそう。一方,4月のユアテックスタジアム開催ゲームは15日(土)の横浜FC戦と,29日(土)の水戸戦。どちらかには行きたい。

更に,22日(土)開催のみちのくダービー。ただし,天童での試合。名古屋にいる先輩(山形サポータ)は行くのだろうか?他の犠牲者旅仲間を募ってみるか。

こんな話を親にすると,「あんた野郎同士で何やってんのよ」と嘆かれた。

2006/03/04

買うのはいいが,みているのか?

積ん読じゃなく,積んDVD?。買ったのはいいけどみていねぇ。NHKで放映されたグラナダTV版のシャーロックホームズ全集も買っているけど,半分もみていねぇ。

ローゼンメイデン・トロイメントの今後のDVDのリリース

ハチミツとクローバーの今後のDVDのリリース

2006年WRC第1戦,モンテカルロラリー

J SPORTSのオンラインショップ)。たぶん同じものだと思う。特典である1ステージのインカー映像が魅力的。

嬉しいこと

笠松に行けばよかったと後悔しているが,やる事(部屋掃除,スカパーアンテナ調整などなど)があったので,今回はパス。財前を見るチャンスだと思ったが,まぁいい。

向こうのマネージャはすごいな。weekly reportを出したとき,ちょっとでも良い進捗が見られるとちゃんと良くやったと返事を返してくれる。weekly reportを出した後,ちょっと席を外してジムに行った後,再びmailboxを見て,good progressというmailを見たときには,ちょっとジンとくる。

それはさておき,やっとスカパーのアンテナ調整が上手くいった。やったよ。今まで,仰角の調整を2.5°単位と大雑把にやりすぎたのがよくなかった。1°単位の調整でようやくベストなポジションを探しあてた。

ということで,早速J2の水戸対山形の試合をスカパーで。といっていたら水戸/に同点ゴールを決められた。ツール・ド・フランスの再放送開始時までに間に合わなかったのは非常に悔まれる。

ハームタイムで2005年J2第44節のハイライトが…。くやしいけど,くやしいけど…

2006/03/01

no title

SUZUKI,07/08シーズンからWRC参戦との一報を耳にする。英語版にジュネーブモーターショーでのプレスリリースがあった。SX4をベースですか。

Team VANG Cycling。ツール・ド・フランス出場を目標とした,日本発のプロチーム設立へ。まだ大型スポンサーが決まっていないし,ツール出場できるクラスまで,はるか遠い道程だが,注目したい。

そういえば,2月にサンフランシスコ近辺のアメリカ西海岸を舞台とした,Tour of Californiaがあったことを思いだした。第2ステージはSan Joseゴール,第3ステージはSan JoseでのTTなので映像があったら見てみたい。でも,San JoseのTTの場所は結構南の方だ。

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

J League Division 2 Matchday 49

  • Img_0102
    90分のユアスタ優勝劇場 フェアで力強い,このチームのサポーターである喜び。