« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

2007/01/28

WORKING!! 3巻が買えません

今日,近くの本屋でWORKING!! 3巻を探したのですが,どこにも見つかりません。都内で売っているのでしょうか?俺の伊波ちゃんはどこ行った~!

予約すればよかった。

2007/01/26

Will be

Jの季節です。

J2のopening gameは湘南vs仙台@平塚競技場,3月3日(土)13:00。前日の19:00は有楽町のライブに行くかもしれないので(抽選待ち),埼玉の奥地に帰る気がしません。

早速awayの福岡戦が3月21日(祝)に設定されました。midweekです。ぜひともはかた号か500系のぞみで逝ってみたいものです。

最初のみちのくダルビ〜が4月25日に設定されました。midweekです。天童です。スケジュール編成した奴は誰だ!(仙台だったらまだ行けたのに。)

2007/01/25

no title

蒼井優さまが2006年のブルーリボン主演女優賞に選ばれたそうだ。ハチクロしか見ていないが,演じるハグちゃんがとても可愛かったのを覚えている。

さて,秋田魁新報の記事。

これは二つの記事をセットとしてみるべきだろう。単純に県警発表の自殺者の数を秋田県人の自殺者の数と見るこはできないが,見逃せない事象だろう。 全国一自殺率が高い秋田県では数年前から秋田大学医学部と連携し,幾つかの市町村で自殺予防対策モデル事業を行っている。数字はわからないが,実際に効果のあったにも関わらず,自殺者の数が増えているということは,対策がなければ逝きつくところまでいっていまうのだろう。人口の少ない地域では,どこぞの誰々が自殺したという話を毎月のように聞いている。正直,病気を苦にして自殺という話はあまり広まらないが,経済苦の自殺の話題は,人々の記憶に残りやすい。前者のモデル事業が効果的であることを信じて,進めていくのだろうか。暗くて閉鎖的な環境を打破するきっかけになってくれればいいのだが。

To Lake Tahoe (2)

Lake Tahoeの南側。州道を湖に沿って南下して適当に撮った。
Img20070122_07 Img20070122_08
Img20070122_09 Img20070122_10
Img20070122_12 Img20070122_13
Img20070122_14 Img20070122_15
Img20070122_16

2007/01/23

To Lake Tahoe (1)

Summit Restaurant at Soda Springs
Img20070122_00 Img20070122_01

Donner Lake
Img20070122_02 Img20070122_03

Kings Beach
Img20070122_04 Img20070122_05 Img20070122_06

2007/01/21

no title

Half moon bay and San Francisco downtown
Img20070121_00 Img20070121_01
Img20070121_02 Img20070121_03
Img20070121_04 Img20070121_05
Img20070121_06 Img20070121_07

間接照明

あなたの知らない照明術 (akiyan.com) を読んで。
USのホテルに泊まると,いつもなぜ間接照明なのだろうと疑問に思っていたが,緊張感を柔らげるのに有効だそうだ。

上手く撮れていないが,今の宿泊先のホテルの状況(カメラは必要以上に光を捕えてしまう)。帰ったら,自分も試してみようかと思う。
Img20070116_00 Img20070116_01

2007/01/16

どうして,どうして

僕はここにいるんだろう?

United Airlines チェックインカウンター @ NRT

松の内は過ぎたはずなのに。
正月飾り

2007/01/13

ほっとした

前に埼玉から山が見えないと嘆いたことがあったが,今週定期が切れたのでわざと東武伊勢崎線使って通勤したら,春日部あたりの平野部分から富士山を見ることができた。

また久喜市でもちょっと高台に行くと(JR,東武の陸橋)那須か群馬?あたりの白い帽子を被った山々を見ることができて,ほんのちょっと嬉しかった。

月曜から出張だが…

水玉ファブリックを読んでいると,どうしても水戸ホーリーホックの洗脳ソング「走れホーリーホック」(リンク先はJ2用語の基礎知識)が頭の中でリピート再生されてしまう。いや,表題の「水玉ファブリック」のお店の名前がHollyhockだからだが。

寒い。どうも体調が良くないのか,元気が出ず疲れやすい。空腹時に胃のあたりがきりきり傷むのはどうにかなんないのかな?あちこち回って常備薬を回収。とりあえず体力ぐらいは回復しておかないと。

京王百貨店の駅弁大会は昼時を外してもどえらい混んでいるのであまり行きたくないが,月曜日そこで弁当買って成田エキスプレスに乗るかな。デーモン小暮閣下が横川駅を走る姿はシュールだ。たぶん仮の姿だと思うが。

週末どこへ遊びに行こうか考えているが,どこがいいのかアイデアがないですぅ。

微妙な距離感

盛り上がってまいりましたが,一連の騒動に関する情報はPress Release以外のことは全く知らない。(前枠)

こういったのを読んでも,何となく自分とは駆け離れたところでおこっている感じがして,何となく不安感が。でも,もう時間割けられない。

デーモン小暮閣下は14日の大相撲の解説に再降臨なさるということで,今からwktk。BS2が見れないのがくやしい。(後枠)

2007/01/10

水玉ファブリックを読んで

電車に優しさを出してしまったらババアとの席取り合戦に負けるし,向かいの女性が大胆に足広げて座っているのを見て,激しく萎えた帰り道。(前枠)

正月休み?(休んだ気はしない)に買った本。
水玉ファブリック林みかせ
目がくりくりしていてて,女の子が可愛くて最近のお気にいり。
その中でも「星に願いを。」がいいんですよ。話の内容が全て出しきれていない感じが何となくするのだが,季和くんが彗星を探した理由,紺野が北極星に季和くんの名前を付けた理由。言わなくてもわかるだろう?そんな感じ。
今冬の鹿角の星空は綺麗だったことを思い出した。今週末,USに出発する前にもう一度じっくりと星空を見ていたい。
表題の水玉ファブリックと内容は被るが,創色工房もいつか単行本に収録されると嬉しい。掲載誌のLaLaDXから切り取って,今でも保存している。

2007/01/09

新年初のぼり

4時にいきなり,boulderingに行くぞといわれても,仕事の調整ができないのですが。おかげで,家に帰った後でも,今日終わらせたい仕事をローゼンメイデン見ながら,ビールを飲みながら眠さに耐えながら,今でもやっている。

というわけで,新年最初の壁のぼりBouldering。場所はいつもの国分寺のB-PUMP。前回は腹の中心部分の筋肉が痛くなったが,今回は左腕がパンパン。指の握力をもっと鍛えないと。

帰り道,足つってしもうた。

2007/01/08

no title

続々と周囲で結婚報告の便りが届き,母から心配される中,あいかわらず「真紅〜,雛苺〜,ト!モ!エ!」とのたまっている俺はいったい何なのであろうか。

とはいえ,昨年の(いわゆる結婚目的の出会い系サイト?)経験から外見や性格が論外な自分には,そういったことを考えることが間違っているのだという気持ちから抜け出せられない。

もうしばらくは,自分のしたいことと仕事に専念できればいいかと思う。一度はUEFA CLTour De Franceを現地観戦することやEtape du Tourに参加してみたいし,萌えを探求してみたいし,車だって欲しい。

何というのだろう。女性関係にエネルギーを費やした結果,激しく自分が打ちのめされることになるのはこりごりだ。

USでの長距離自動車通勤

2006年4月のSilicon Valley/San Jose Business Journalの記事。
San Joseに勤めるEngineerが,"America's Longest Commute"賞を受賞したそうだ。記事によると,186-mile (約 300km) を週5日往復している模様。副賞が通勤用ガソリン代に使える$10,000とFree Car Maintenanceだそうだ。

Mariposa がどこのことかわからなかったので,Mariposa CAから,受賞者のHead Quarterの場所とを経路検索してみた。

Google Map
Yahoo! Map

ヨセミテ国立公園の近くから3時間越えの自動車通勤ですか…。ウケ狙いなんだろうか…。2007年もやっているんだったら…。

今年遭遇した通行止

昨年と違って,今年の正月は全く雪がなかった。が,今年もやっぱり自然は甘くなかった。

  • 村田JCTによる事故で,仙台南IC-村田JCT通行止
  • 事故,および横風の影響で福島西IC-白河IC通行止
仙台南から宮城県道31号,14号,大河原から白河まで国道4号線を使うしかなかった。二本松,本宮,郡山の国道4号バイバスは雪まじりの激しい横風。(路面凍結しているかどうかわからず生きた心地がしなかった。)

お前ら,冬の東北道あなどりすぎ。

2007/01/05

胃痛い

休みは取ったが,反応はしないといけないなと思いつつ適度に仕事。速い回線があれば,もう少し楽に仕事できるかと思いつつ,休みだから徹底的に休めばいいはずなのにそうすることができない小心者。

どこかの事件ではないけど,やっているのにできていないというと何もやっていないじゃないかと自責する感情から脱せられない。

ここ数週間前から,胃の辺りが痛む。今年初めてバリウムを飲んで胃のレントゲン写真を撮影してもらったが,軽く炎症がある模様。様子見だけど,どうしょう。胃カメラ飲めという,心優しいアドバイスを高校の同期から頂いたが。

しかし,今年は雪がないな。スタッドレスタイア新調したのに。

2007/01/04

PHSの機種変更

ここ最近,Willcom PHS の機種変更をしたいと思うのだが,グッとくる機種がない。できれば,W-SIM端末にしたい。

最初 W-ZERO3 [es] にしようかなと思った。小金井方向へ向かう電車で,妙齢の眼鏡な女性がW-ZERO3 [es] を扱っている姿を見て,いいかなとも思ったが,電話としてはでかいよな。また,SIMがRX410INのままであるのもちょっとマイナス点。

で,三倍速い赤SIMRX420AL搭載した,9(nine)が出ているじゃないですか。スタイリッシュだし。
でも,画面の解像度はあまりないし,モデム機能は現段階で非対応。これが躊躇する要因。DDを単体で買うという手もあるが。

もう一つ懸念しているのは,モバイルSuica対応機が一台もないこと。出るという噂もあるようで,ないようで。でも,なんかアプリケーションの操作性があまり良くないという評判もある(直前にグリーン券を買うのにはちょっと躊躇するかも)。あまり気にしなくてもいいか。

W-ZERO3 (WS004SH) も単体だったら欲しい。

emacs/nt build by MSVC (2)

emacsをMSVC8でbuild中ひっかかったところ。

link -out:obj-spd/i386/temacs.bin -nologo -release -incremental:no -version:3.10 -swaprun:cd -swaprun:net setargv.obj -stack:0x00800000 -heap:0x00100000 -base:0x01000000 -debug:full -pdb:obj-spd/i386\temacs.pdb -machine:i386 -subsystem:console -entry:_start -map:obj-spd/i386\temacs.map -profile obj-spd/i386/firstfile.obj obj-spd/i386/emacs.res obj-spd/i386/temacs0.lib obj-spd/i386/temacs1.lib obj-spd/i386/temacw32.lib obj-spd/i386/lastfile.lib winmm.lib advapi32.lib gdi32.lib comdlg32.lib user32.lib mpr.lib shell32.lib winspool.lib libcmt.lib
LINK : warning LNK4224: /DEBUG:FULL はサポートされていません。無視されます。
libcmt.lib(calloc.obj) : error LNK2005: _calloc は既に temacs1.lib(gmalloc.obj) で定義されています。
libcmt.lib(realloc.obj) : error LNK2005: _realloc は既に temacs1.lib(gmalloc.obj) で定義されています。
temacs1.lib(editfns.obj) : error LNK2019: 未解決の外部シンボル _tzname が関数 _Fcurrent_time_zone で参照されました。
temacs1.lib(strftime.obj) : error LNK2001: 外部シンボル "_tzname" は未解決です。
obj-spd/i386/temacs.bin : fatal error LNK1120: 外部参照 1 が未解決です。

http://www.ysnb.net/meadow/meadow-develop/2006/msg00071.htmlを参考にして,最初の_calloc,_reallocが2重に定義されているのは,CFLAGS(実際にはLOCAL_FLAGS)に-DUSE_CRT_DLLを付ければいい。_tznameが未解決のは,どうすればいいのだろう?とりあえず,上記のパッチの

--- src/s/ms-w32.h (revision 4031)
+++ src/s/ms-w32.h (working copy)
@@ -383,7 +383,9 @@
#define strnicmp _strnicmp
#define stricmp _stricmp
#define tzset _tzset
+#if !defined(_MSC_VER) || _MSC_VER < 1400
#define tzname _tzname
+#endif
を無視した。

今は,ここでひっかかっている。

cl -I. -DWIN32_LEAN_AND_MEAN -D_WIN32_WINNT=0x0400 -nologo -D_X86_=1 -c -Zel -W2 -H63 -Oxsb2 -Oy- -G6dF -Zp8 -Di386 -D_CRTAPI1=_cdecl -Demacs=1 -DWI NDOWSNT -DDOS_NT -DHAVE_CONFIG_H -I../nt/inc -D_UCHAR_T -DHAVE_NTGUI=1 -DUSE_CR T_DLL -DPURESIZE=5000000 -Foobj-spd/i386\ emacs.c
emacs.c
(snip) C:\Program Files\Microsoft Visual Studio 8\VC\INCLUDE\time.h(287) : error C2090: 関数は配列を返せません。

2007/01/03

難しい

年なのだろう。最近母方の爺,婆が寂しがっている。いつ,こっちに戻ってくるのかと。確かにうちの家族は全員別々の場所で生活しているので,その事を心配してくれているのだろう。NHK-BSの経済関連の討論番組?で,働き方の時間,空間の対する概念が変化しているという一言が印象に残っている。単なる製造業だったらコストとの戦いになってしまうから,時間,空間の概念を覆すことができる産業を産みだせたら面白いのじゃないかと。全然具体的なビジョンがないなか考えても批判させるだけがが。

ようやく聞けたことだが,爺は終戦時,シベリア鉄道に乗せられてウクライナまで行かされたらしい。移動中の感想として,「人はいいけど,政治家が駄目だ」との言葉には,国家の利益と個人の利益との難しい関係を実感した。

箱根駅伝をみて

箱根駅伝の影響の是非というのはあるが,テレビで見ていると,この放送権を確保した日テレは先見の明があると思う。当然,優勝争いにも注目するのだが,それ以外にも,シード権獲得争いや,繰り上げスタート阻止といったように,どの集団にもレースが必ずある。

J1リーグでも,優勝争いだけでなく残留争いも面白い。逆に,中盤の順位にいるチームの方がモチベーション保つのは大変かと。(リーグから賞金はでるのだが,8位ぐらいじゃたいした額ではないはず。)

libc.lib が見つからない件

MSDNライブラリの中を検索すると。

マルチスレッドライブラリのパフォーマンスは改善され、現在は使用されなくなったシングルスレッドライブラリのパフォーマンスに近くなりました。

だって。libcmt.lib か msvcrt.lib でもリンクすればいいんじゃない。

2007/01/01

emacs/nt build by MSVC

ローゼンメイデンはどうなるんだろう?(前枠)
それはさておき誤字脱字多すぎ,自分。

emacs を MSVC で build しようと試み中。

Microsoft(R) Program Maintenance Utility Version 8.00.50727.42
Copyright (C) Microsoft Corporation. All rights reserved.
Using C:\WINDOWS\system32\cmd.exe as shell.
link -out:obj-spd/i386/addpm.exe -nologo -release -incremental:no -version:3.10 -swaprun:cd -swaprun:net setargv.obj obj-spd/i386/addpm.obj libc.lib oldnames.lib advapi32.lib user32.lib
LINK : fatal error LNK1181: 入力ファイル 'libc.lib' を開けません。
NMAKE : fatal error U1077: '"C:\Program Files\Microsoft Visual Studio 8\VC\BIN\l ink.EXE"' : リターン コード '0x49d'
Stop.
どこにあるんだ libc.lib? Platform SDK をちゃんとインストールしていないのか?

正直悔しい

2006年シーズンを締めくくる,天皇杯。ぼ〜っとテレビで観戦。

別にどちらのクラブを応援している訳でもないが,常時劣勢の浦和だったが,止むことがない浦和のチャントが聞こえてくると,何か浦和が負ける気がしなかった。この場にいることができなかったのが悔しい思い。

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

J League Division 2 Matchday 49

  • Img_0102
    90分のユアスタ優勝劇場 フェアで力強い,このチームのサポーターである喜び。