« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

2007/05/03

俺がやっぱり悪いのだろうか

事故を起こした。正直,起こしたというより起こされたといいたい。しかも,相手には逃亡された。該当すると思われる自動車の所有者,使用者との連絡がとれていないという。正確には登記上の使用者と実際の使用者が違うようである。

事故は,赤信号の為に止まろうとしていたときに発生した。遠方の信号が赤になったので,早めに減速した。先に詰まりはじめたのは第2走行帯だった。自分は第1走行帯にいた。

右前に2台,第1走行帯に入りたがっている車がいた。あの2台は危険だと予測したので,前に入ってもらおうともっと減速した。30km/h以下ぐらいまで減速したと思う。しかし,その2台が第1走行帯に入るタイミングが遅れた。自分がその2台の5mから10m後方まで来たとき,その2台の前方の車が左側への車線変更の合図をした。その後右前ドアに衝撃があった。後方の車(逃亡車)が突然車線変更をしたのだった。合図もなしに。

完全に私の車がその車の死角に入っていたのかもしれない。その車は左前フロントを自分の車の右前ドアに接触させ,逃亡した。結果から考えると,自分の右前ドアに左前を右側から接触しているのだから,逃亡車は自分の後ろにいたのにもかかわらず,車線変更をしようとしたのだろうと推測する。

事故には何らかの原因があるという。君子危うきに近よらずというように,危険予測が運転には大事なのである。しかし,今回は予測した危険に対する行動(減速すること)が間違っていたのだろうか。それとも予測内容がそもそもが間違っていたのだろうか。

結局は,ヴェルディ(笑)といっていたバチがあたったのだろうか,footballばっかりにのめりこんだ自分にバチがあたったのだろうか。相手の判断を迷わせる運転をしてしまったのが悪いのだろうか。そもそも,自分はもう運転できないのだろうか。

幸いにも自動車の傷は低速度のため,ボディに塗色が乗るのとボディが若干へこんだくらいで走行には問題ないのだが,もう高速でも,右側レーンを走行する車の動作が怖くて怖くてたまらない。突然に車線変更して自車の目の前に入りこむ車が多すぎる。しかも,合図なしで。1つごとのSAで止まらないと運転できない心境にまで陥った。

実家に帰る行動以外,全ての行動をキャンセルした。先日買ったサンガ戦のチケットもフイにした。結局は自分の行動が悪いのだろうか。自分は社会から外れているのだろうか。

2007/05/02

魔がさした

1日の深夜の段階では,ローソンチケットでも3日京都戦のサポーター自由席(大人)が完売したという情報が入った。ので,今回はあきらめてそのまま実家に帰ろうと思った。

今日の帰宅途中。ローソンに寄って,Loppiを操作していた。たぶん,買えない画面を確認するためだったのだろう。

あれよ,あれよ,という間に電話番号を入力する画面。そのまま入力して,先に進める。買えるじゃん。気がつけば,5月3日13:00kick offの京都サンガ戦のチケットを購入していた。しかも,サポーター自由(大人)。
Img2007050200

どうやって仙台に行こう?

2007/05/01

狂ってやがる

「そんなこと気にしていたら気が狂ってしまうよ」と忠告を受ける中,こんなので精神のバランスを保とうとしている俺は既に狂っているとしかいいようがない。3日はサンガ戦だけでなく国立でもドラマが起きそうだ。

ヴェルディ(笑)20(笑)
ttp://ex20.2ch.net/test/read.cgi/soccer/1177842448/80

Boy Meets Green (笑)の予感 きっと誰かが (笑)ってる
Fall In Ramos 国立の神様 この水戸でしょうか

青葉城なんとか

多摩川を流るるヴェルディ 栄光は返らず
FCとフロンターレから ハブられる多摩川クラシコ

時はめぐり また冬が来て
あの日と同じ 国立の上
瀬音ゆかしき 鍋島の笛
あの人は 永遠(とわ)にJ2

続きを読む "狂ってやがる" »

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

J League Division 2 Matchday 49

  • Img_0102
    90分のユアスタ優勝劇場 フェアで力強い,このチームのサポーターである喜び。