最近のトラックバック

J League Division 2 Matchday 49

  • Img_0102
    90分のユアスタ優勝劇場 フェアで力強い,このチームのサポーターである喜び。

スポーツ

感無量

突然入ってきた日本人 Tour De France出走のニュース。

例えるならば,石川遼選手が自力で全英オープンの出場権を奪い取った感じ。
(特別招待枠のマスターズ,全米プロの方が近いかも。)

別府選手,新城選手の出走も実力が評価されての結果だと思う。

日本のチームが日本選手で揃えて,グランツールに出場,勝利する。
そんな夢は,Football日本代表がW杯ベスト4を目標にする以上に遠い遠い道のり。
でも,少しずつ種は芽生えてきている。信じられない。

最初別府史之選手が日本人3人目のTDF出場かと思われたが,所属チームDiscovery Teamが解散となり,先に新城幸也選手の出走が発表されたけど。感無量。海外での拠点をサポートしてくださった全てのチーム,サポートに感謝します。

いろんな日本企業がヨーロッパの文化,グランツールに挑戦している。まずコンポーネントの分野でシマノの名前は必ずでてくる。他にもジャーナリスト用バイク(以前KAWASAKIのバイクを見た)、サポートカー(スバル、マツダ)など他にもサポートしている分野が増えてきた。
そして日本人選手の新たなる出走。
ランス・アームストロング全盛期にはとても信じられなかった夢。その夢が一歩近づいてきた。

【追加】今年のツール・ド・フランス

  1. 初日の7月4日の第1ステージ(距離が長いので,ステージ扱い)はモナコ公国。地図を見ればわかるように,スタートしてから,サンデボテ,カジノ前を通過して,丘へ登る。なんと4級山岳ポイントも設定されていて,ラスト2kmはポルティエ(A.セナが88年,独走にもかかわらずクラッシュした場所),トンネル,(さすがにヌーベルシケインはないだろう),タバコ屋,プール前,ラスカス辺りでゴール。15.5kmと初日にしては長いが,TTとしては短いこのコースをどのように攻めるのか楽しみ。
  2. なんと,第20ステージ(ゴール前の土曜日)は,モン・ヴァントゥ(俗称,死の山)への山頂ゴール。もちろんカテゴリー超級。これで,最終日直前までリーダー・ジャージ,マイヨ・ジョーンヌの行方は全くわからない。
  3. 日本人としては3人目の出場となる,新城幸也選手が Team Bouygues Telecomのメンバーとして,ツール出走。しかも,かなりチーム内で高い評価を受けてのメンバー入り。
    更に,別府史之選手もSKIL-SHIMANO(スキル・シマノ,オランダを拠点とするコンチネンタルチーム)から出走と別府選手本人のブログで発表。
    (Jun/29/2008 2100JST時点ではチームからのニュースリリースは発見できず,英語でしか確認していないが。)

野寺秀徳選手が2002年,ジロ・デ・イタリアを完走(出走じゃない,完走!)なさって
いつかまた日本人選手がTDFに実力で出走することを期待していました。

最初別府史之選手が日本人3人目のTDF出場かと思われたが,所属チームDiscovery Teamが解散となり,先に新城幸也選手の出走が発表されたけど。感無量。海外での拠点をサポートしてくださった全てのチーム,サポートに感謝します。

明日の朝は,電話インタビューもあり。

今年のツールは見逃せない。

今のうち,http://www.letour.frをみとけ。
http://www.letour.fr/2009/TDF/COURSE/fr/actus.html#zone131087も。
フランス語だけど関係ない。
別府選手のTDF出走のNHK報道

ちくしょう,もっとフランス語読めるようになりたい

祝 新城幸也, Team Bouygues Telecomのメンバーとして,ツール出走!

YUKIYA ARASHIRO : "Ce coureur est un mélange de panache, de rigueur dans le travail et de respect des ordres. Honnêtement, on ne pensait pas qu'il serait aussi talentueux. Il a toujours été présent devant mais aussi dans les sprints notamment sur les 4 Jours de Dunkerque où il fut constamment à l'attaque. Il va apporter un souffle nouveau sur le Tour de France et pourrait faire du bruit. Il a une dimension intéressante et fait du bien au groupe."

Ce とか Il とか,基本的に優しい文なのであとは単語を訳すだけ。
(スプリント力を買われていると読んでいいの?)

続きを読む "ちくしょう,もっとフランス語読めるようになりたい " »

スポーツ名場面

スポーツ史上に残る名場面(ニャー速。)。これを見て,あのシーンが目に浮び泣けてきた。あなたのスポーツ名場面は何ですか。

どれが一番というわけにはいかないけど。しかし,偏っているな。

  • 1993年ドーハの悲劇,1997年ジョホールバルの歓喜。
  • 2004年アジアカップ,川口の神がかったセービング。
  • 1998年長野オリンピック,ジャンプ団体。原田,立ったー!
  • 1992年F1モナコGP,マンセルの開幕6連勝を阻止したセナの奇跡。
  • 2004年アテネオリンピック,体操男子団体。伸身の新月面が描く放物線は,栄光への架け橋だ。基本的に採点競技は大嫌いだが,このゲームはもの凄く楽しませてもらった。
  • 2002年FIFAワールドカップ,ワールドカップ初勝利をあげたロシア戦,決勝トーナメント進出を決めたチュニジア戦,Round-16で沈んだトルコ戦。
  • 1994年,F1サンマリノGP。
  • 1994年FIFAワールドカップ,アメリカ大会決勝。イタリア対ブラジル。ロベルト・バッジョがPKを外す。その後,優勝したブラジルがかかげた垂れ幕。たしかアイルトン,4回目の何とかを決めたよというような内容だったと思う。
  • ツールドフランス,2003年第19ステージ,個人TT。このとき最もランス・アームストロングを脅かしたヤン・ウルリッヒが,雨に濡れた路面に前輪をとられ落車した時。
  • 2004年のツールドフランス第13ステージ。第5ステージで12分の大差をつけて総合リーダーになった若干25歳のThomas Voecklerが,なんとかマイヨジョーヌを守ろうと山岳ステージで遅れながらも必死にもがいて,22秒差でマイヨジョーヌを守りぬいた時のゴールシーン。
  • もう一つ,ツールドフランス。ランス・アームストロングが総合5連覇,6連覇,7連覇を決めた2003年,2004年,2005年のパリ,シャンゼリゼでの表彰式。
  • 2001年,FIFAワールドカップ欧州予選。イングランドvsギリシア。additional timeでのデービッド・ベッカムのワールドカップ出場を決める同点弾(直接FK)。
  • 2001年,J2第44節(最終節),京都vs仙台。additional timeでの山田から財前へ渡ったJ1昇格を決めるゴール。

あと,名場面ではないが2002-2003年シーズン,リーガエスパニオーラのレアル(ソシエダ)には感動した。最終節はマドリーでなく,ソシエダの試合を見ていたよ。

まだまだ思い出していない名場面はきっとあるし,これからも新たに積み重ねられるだろう。トリノオリンピックもまた名場面の記憶を増やしていただけるだろう。

その場面に,2006年ベガルタ仙台J2優勝,J1再昇格が加わることを夢みて。

お前もか

マクレー先生だけでなく,サインツ先生もパリ・ダカールラリー出場ですか。驚きです。

ところで,今年のサインツ先生はWRCのワークスシートを確保しているのでしょうか?最近,WRCの動向に疎くて。

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ